第1話●黄波戸(きわど)駅の朝
1991年 3月
2007年初稿・2019年 4月30日更新

 山陰本線の西の要衝・長門市駅をさらに西に進むと、最初の駅が黄波戸だ。
 黄波戸の街は、深川湾にのぞむ海岸線に沿うように小規模な集落が続き、 その西の端には漁港や黄波戸温泉という宿泊施設もある。
 駅はそんな集落の中央の、やや山際に位置するが、周囲の町並みに伍してささやかな佇まいである。


黄波戸駅駅舎
 黄波戸駅ホームには新旧待合室が並び、かつては駅舎が存在したことを偲ばせる。
 新の待合室の向こうに小さなトイレがある。
 要衝である長門市の隣駅ということもあってだろうか。かつて交換設備が存在したことを示すホーム跡はあれど、 その廃止が随分昔であったことを思わせるように、頑丈そうな継電器室が鎮座している。
 駅施設は無人駅として最低限のものしかなく、こじんまりした鉄骨作りの待合所があるだけだ。
 そしてトイレも待合所と共に新築されたとおぼしき、コンクリートブロック積みの簡素なものだ。

黄波戸駅を発車した上り客車列車
 黄波戸駅を発車した朝の上り客車列車。次は要衝の長門市である。
 たくさんの高校生が乗車していた。
 多くの高校生を乗せた50系客車4両の上り・長門市行きを見送ったあと、 暫くすると入れ替わりに長門市を発車した同じく50系4両の下り・下関行きが接近してきた。
 列車が黄波戸に到着すると、どこからともなく時を知らせるサイレンが響いてきた。
 未だ8時なんだ。長門の朝は早い。

 下り列車はここから黄波戸峠越えに挑む。
 わずか4両ではあるが、列車は力強いエキゾーストノイズを残して去っていった。
 次は、長門古市。長門古市。

昼下がりの黄波戸駅を発車した下り客車列車
 昼下がりの黄波戸駅。初春の穏やかな陽を浴びて列車は去っていく。

夕暮れの黄波戸駅に停車中の下り客車列車
 浜田から遥々やってきた下関行きが夕刻に到着する。
 長門市から乗車した下校の高校生達が列車を降りて、客扱いが終わると扉が閉まる。

●おことわり
(1)  本文中の写真は、すべてが動画と同時に撮影されたものではありません。
(2)  本稿の動画はご覧のウィンドウサイズに応じて最大1280×720ピクセルまで拡大、あるいは全画面表示ができます。
 但し、元動画はアナログテレビジョン程度の解像度で撮影されたものですので、ぼやけた画像となることをご理解下さい。


トップページへ戻る

このページのトップへ戻る

(C) 2007-2020 宇田 惣郷